FC2ブログ
最近の話題から発想する中小企業の経営戦略・マーケティングのヒント
中小企業の経営革新、戦略、マーケティング、人材育成などのヒントとなるネタを、新聞や雑誌の記事などから発想し、紹介いたします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中小企業は低価格競争にどう立ち向かうか?
このブログでは、新聞記事やニュースなどの事例から、中小企業のビジネスのヒントについて考察していきたいと思います。

まず、第1回は、「低価格競争」についてです。

最近の新聞記事では、この不況期に業績を伸ばしている会社のキーワードとして、「低価格」というのが挙げられています。ユニクロ、ニトリ、餃子の王将…。

ほとんどの中小企業の経営者の方は、こういう記事を見るたびにため息をついておられるのではないでしょうか?

確かに今の消費者は、財布のひもが固く、価格をとても重視します。どうせなら安いものを選びたい、というのは紛れもない事実でしょう。

だからといって、中小企業が大企業と同じように、まともに価格競争で勝負しても勝てるわけがありません。利益を削っての低価格化は自分の首を絞めるだけです。

また、価格のみで付いてきてくれるお客様は、価格だけでほかの店に去っていってしまいます。

結局大事なことは「他と差別化した付加価値をつけて、値ごろ感で提供する」ということですね。

新聞記事は大企業中心に事例を紹介しますので、どうしてもそれに惑わされてしまいますが、大企業は人員も設備もたくさん抱え、そのコストを吸収して利益を出すためには、「マス」を対象にせざるを得ないのです。

その点、中小企業は幸か不幸か、人員も設備も大企業に比べると知れていますので、少数のお客様の支持を得られるだけで、十分やっていけるのです。

自社の想いに共感してくれる少数のお客様に価値を感じてもらい、値ごろ感を感じてもらえれば、他の大部分の「価格だけで動く」大衆はあえて気にしないようにすることが大切です。

大企業中心の新聞記事の論調に惑わされないようにしましょう。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://chushokeiei.blog58.fc2.com/tb.php/3-d2b274e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。