FC2ブログ
最近の話題から発想する中小企業の経営戦略・マーケティングのヒント
中小企業の経営革新、戦略、マーケティング、人材育成などのヒントとなるネタを、新聞や雑誌の記事などから発想し、紹介いたします。
みんなの党躍進に見る中小企業のあり方
参議院議員選挙が終わり、民主党の敗北とともに、みんなの党の躍進が話題になっています。

みんなの党は、「アジェンダ」という政策方針に徹底的にこだわり、組織票対策やタレント候補の起用といった選挙対策はやってきませんでした。「アジェンダ」がすべてという感じです。

民主党や自民党のように組織的な活動ができ、おカネもそれだけある大政党は大企業のようなもので、当選者数はやはり多いのですが、みんなの党は、自分たちのポリシーにこだわり続け、それに賛同してくれる人のみに支持されればよいというやり方で、当選者は10人を獲得しました。

これでもみんなの党としては十分存在価値を発揮できるようになり、今後の国会においても一つのカギを握る存在になるでしょう。

みんなの党のスタンスは、中小企業も参考になるところがあると思います。大企業のように価格や物量攻勢で大きなシェアを狙うのではなく、自社のこだわりに賛同してくれる顧客だけを掘り起こす。

その顧客の数は、全体の割合からするとそう大きくはありませんが、全国的に見てみると、絶対的な人数は結構な数になるので、自社の従業員がメシを食っていくには十分すぎるほどの売り上げが上がるものです。

みんなの党も、選挙区では東京、千葉、神奈川の大都市圏以外は、さすがに地域1番、2番の票を取らないといけないのでさすがに大政党には勝てませんでしたが、全国相手の比例代表では7つ議席をとっています。

比例代表は、それだけ少数のニーズでも取り込める仕組みですので、まあ言えばニッチ狙いでも十分やっていけるのです。

中小企業も、どうしても小さな商圏で厳しければ、全国にネットなどで商圏を広げれば、少数派の顧客であっても「チリも積もれば」みたいなもので、結構な売り上げをたたきだせる可能性は十分あると思います。

大企業と同じ土俵に立たずに、我が社の強みや持ち味を十分見極め、それを活かせる市場を見つけることが大切だと思います。
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://chushokeiei.blog58.fc2.com/tb.php/14-c7ff214e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/05/07(月) 10:06:02 |