FC2ブログ
最近の話題から発想する中小企業の経営戦略・マーケティングのヒント
中小企業の経営革新、戦略、マーケティング、人材育成などのヒントとなるネタを、新聞や雑誌の記事などから発想し、紹介いたします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国人の観光ビザの発給要件が緩和
7月1日から、中国人の観光ビザの発給要件が緩和されました。

これにより、これまでの10倍の中国人がビザ取得の要件を満たすようになるとのことです。

そうなれば、当然日本への中国人観光客が増える可能性があるということですね。日本の小売業者は、中国人客の取り込みにいろいろ知恵を絞る必要があります。

これに関しては、今年2月の春節商戦の際に、小売業各社の取り組みが日本経済新聞で紹介されていました。

・ ビックカメラは中国の空港などで割引券を配布

・ 高島屋は中華圏向けにインターネットで買い物情報を発信

・ヨドバシカメラは中国語を話す店員が買い物に付き添うサービスを始める

・松屋は東京・銀座の本店入り口に中国人客向けのサービスを案内する看板を新設

・資生堂は中国人客向けの専用ブースを特設する

・宝飾専門店のミキモトは1~4階の売り場にある主要商品を1階のコーナーにまとめて展示し、中国人客が短時間で効率よく買い物できるようにする

・中国版デビットカード「銀聯(ぎんれん)カード」の決済件数が前年同月の2倍に達した

「中国人観光客の役に立つこと」というテーマで、各社がそれぞれ工夫していますが、ひとつひとつはそう斬新でもカネのかかることでもなく、まあ言えば比較的簡単に取り組めることといえます。これをヒントに、一つの小さな店がこのすべてに取り組むことも十分可能です。

そして、これらすべてに取り組むことで、中国人観光客にとっては、「日本で買い物をするのであればあのお店」という、いわゆるブランドが確立するようになるはずです。

ターゲット顧客さえ明確になれば、その人たちにどういうサービスを提供すれば喜んでもらえるか、おのずと明確になってくるはずです。

あとはそれを一つ一つ丁寧に実行するだけです。

まずターゲットとする顧客層を明確にしましょう。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://chushokeiei.blog58.fc2.com/tb.php/11-11365e79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。