FC2ブログ
最近の話題から発想する中小企業の経営戦略・マーケティングのヒント
中小企業の経営革新、戦略、マーケティング、人材育成などのヒントとなるネタを、新聞や雑誌の記事などから発想し、紹介いたします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワークライフバランスの時代
6月30日付日本経済新聞夕刊にワークライフバランスの記事が取り上げられていました。

中小企業も、父親が子育てをする「イクメン」を支援する機運が出てきたとのこと。

そして、こういったワークライフバランスを推進することは、従業員の意欲を高めることにもなるということを、三菱UFJリサーチ&コンサルティングの調査データで紹介していました。

この調査は、もともと中小企業庁が三菱UFJR&C社に委託して実施したもので、もう少し詳しい調査結果が2010年版中小企業白書に紹介されています。

白書によると、ワークライフバランスの導入により、企業にとっても以下のようなメリットが見られたとのことです。

・定着率が高まった
・労働意欲が増加した
・仕事の質が高まった
・現場での創意工夫が増えた
・顧客満足度が向上した
・生産性が向上した

中小企業の社長さん達は、ワークライフバランスというと何か恩恵的にやらざるを得ないとか、大企業なら余裕があっても零細企業はとてもできないといった、どちらかというと否定的な考えを持つ傾向がありますが、この調査結果のように、実際は企業にとってもメリットがあることといえます。

また、最近の労働基準法の改正や、育児介護休業法の改正も、すべてワークライフバランスを推進することを念頭に置いています。

また、政府も幼保一体化といった、子育て支援の方策をいろいろ検討しています。

ですので、中小企業も積極的にワークライフバランスに取り組んでいかなければならない時代になっています。

また、会社にとってもプラスなのであれば、もはや迷うことはありません。積極的に導入するというスタンスで取り組んでいただきたいと思います。

逆にこれを機会に、新しいビジネスチャンスを見出そうという発想があってもいいでしょう。

例えば、
・母親の社会復帰のための研修事業の導入
・父親の子育て教室の開講
・効率的な人員管理システムの開発
・小さな子供連れでも気兼ねなく入れる飲食店
といったビジネスは、今後ニーズがますます高まっていくでしょう。

ワークライフバランスを新たなビジネスチャンスととらえ、行動することが重要だと思います。
スポンサーサイト

テーマ:中小企業の経営 - ジャンル:ビジネス

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://chushokeiei.blog58.fc2.com/tb.php/10-9156d8e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。